このページの本文へ移動

大会情報

全国アビリンピック
情報技術系

DTP

会場:東京ビッグサイト

雑誌、ポスター等の紙面をパソコンでデザインしたり、編集したりする技能がDTPです。競技では、支給される写真データや文字資料等を使い、与えられたテーマにそったポスターやチラシ等のデザインを行います。

第40回大会競技ハイライト(Abilympics.jpより引用)

ワード・プロセッサ

会場:東京ビッグサイト

文書作成ソフトを使い、競技時間内に課題の文書を作成する競技です。文字入力の速さ・正確さはもちろん、図や表の制作、色の変更等、多彩な機能を使いこなす知識・技術が求められます。

第40回大会競技ハイライト(Abilympics.jpより引用)

データベース

会場:東京ビッグサイト

競技では、データベースソフトを使って課題で示された情報管理システムを作成します。本種目の技能は、顧客データの管理や商品在庫の管理等、多くの企業や店舗の情報管理に活かされています。

第40回大会競技ハイライト(Abilympics.jpより引用)

ホームページ

会場:東京ビッグサイト

競技では、企業から制作の依頼があったことを想定し、時間内に課題に沿ったホームページを制作します。独創性、芸術性、ユーザビリティやアクセシビリティに関する知識も必要とされる競技です。

第40回大会競技ハイライト(Abilympics.jpより引用)

表計算

会場:東京ビッグサイト

表計算ソフトを使って提示された課題の作成・処理を行い、表計算、簡易データベース、グラフ作成等の総合的な技能を競う競技です。表計算の技能は、経理や分析等、ビジネスの様々な場面で活かされています。

第40回大会競技ハイライト(Abilympics.jpより引用)

パソコン操作

会場:東京ビッグサイト

参加選手は全員視覚障害のある選手です。表計算ソフトとインターネットを利用して、競技時間内にデータ集計や文書作成を行います。支援機器を活用し、素早くパソコンを操作する姿をご注目ください。

第40回大会競技ハイライト(Abilympics.jpより引用)

パソコンデータ入力

会場:東京ビッグサイト

伝票やアンケートデータの入力、帳票作成等を素早く正確に行う技能を競う競技です。企業の情報分析や経理事務等、様々な分野でその技能が活かされています。

第40回大会競技ハイライト(Abilympics.jpより引用)